現在の日本の社会では、アメリカなどとは異なって健康保険が適用され、患者の自己負担額は三割のみとなっています。
その影響もあって、日本では病院を訪れる人々が多いです。
それにともなって多くの薬も処方されています。

しかし、小児や高齢者は喉が発達していなかったり機能が衰えていたりするので、成人向けの大きな薬ではのどに詰まってしまうといったケースが多数存在します。

それを防ぐために、小児や高齢者向けの飲みやすい薬の形状をしたものが多くあります。

まずはカプセル型です。
口の中に入れると唾液によってカプセルが溶けて、スムーズに飲み込めるように工夫されています。

次に薬そのものが小さくなっている物です。
大きな薬で喉に詰まって苦しい思いをしないように作られています。

また、大きな薬を処方された家庭が、薬を割って子供に飲ませるといったケースも存在します。
薬によっては効き目が薄くなってしまうものもあるので、割ることは推奨されていません。
もし、飲みづらい薬を処方されてしまった場合、薬を飲みやすくするために子供の口にあうように味付けされたゼリー状の製品を使うことが推奨されています。
これであれば苦い薬であっても、子供も安心して飲むことが出来ます。