日本の医療社会は、患者に非常に優しいものとなっています。
特にアメリカなどと比べると、医療費で自己負担する額ははるかに安く、ほとんど保険がおりないアメリカに対して、日本は3割だけで済むのです。

それによって、日本はアメリカなどの外国よりも病院へと通う頻度が増します。
もちろん、病院へ通う人が多いということは、より多く薬を処方され、消費量も増加します。

また日本は先進国であり、新薬の研究が盛んです。
研究によって便利な新薬が開発されるに連れて、日本の薬の消費量はどんどん増加すると言えます。

さらに、日本は現在少子高齢社会であり、入院しているお年寄りが多数存在します。
できるだけ患者の命を長くもたせるためには、それ相応の投薬が必要となります。
特に日本は入院しているお年寄りが多くいるために、延命や治療のための日々の投薬によって消費量はさらに膨れ上がります。

最後に、現代社会では、何かあればすぐに市販の物を買って使ってしまうという傾向も見られます。
ちょっとした鼻づまりにも市販の点鼻液を用いたり、すぐに治るような風邪にも市販の風邪薬を服用したりします。
このように、現代の日本の薬の消費量は年々増え続けているのです。