服用する薬を正しく用いることで、効果を十分に発揮することができます。
しかし、もし薬の飲み合わせを間違ってしまうと効果を十分に発揮することができなくなるだけでなく、危険を招くリスクも浮上します。
注意したい飲み合わせを意識し、正しく服用することが大切です。
基本的に薬はお水で服用します。
これは注意したい飲み合わせによる相互作用の悪影響を受けることを防ぎます。
悪い影響を及ぼす可能性のある注意すべき飲み合わせは、カフェインを多く含むことで知られいる紅茶やコーヒー飲料、それに加え炭酸水飲料、牛乳やグレープフルーツ飲料などがあげられます。
どれも日常生活にある身近な飲み物で、服用の際に水がない場合もしかしたら代用するケースもないとは言い切れません。
しかしカフェインを含む紅茶やコーヒーには頭痛薬とともに服用すると良い影響を与えず、心拍数が上がることも予想されます。
このためイライラするなどの感情がより高まりやすくなることがあります。
痛風に対しての治療薬にもカフェインによる尿酸の排出妨害が無視できません。
炭酸飲料も飲み合わせにより、効果を薄くすることが分かっています。
アスピリンを含む成分の風邪薬では、炭酸飲料が胃を酸性にするので十分な効果を発揮することができなくなります。
同様に胃薬も同じことがいえます。
牛乳はカルシウムが豊富に含まれている飲料ですが骨粗しょう症や抗生物質、抗菌の薬はこのカルシウムと結合しやすい傾向にあるので、効能を弱めてしまう働きを行ってしまいます。
グレープフルーツジュースは逆に効能が強く出すぎることがあります。
これにより血圧が異常に低下する危険なリスクも問題です。
さらに危険リスク最大なものがお酒などのアルコールと飲み合わせをすることです。
くれぐれも注意するようにします。