カルナクリンは体の血管を広げて血流を良くするという働きのある薬で、高血圧やメニエール症候群、手足のしびれ、更年期障害による冷え性やめまいなどに処方されています。副作用が少ないので比較的安全性の高い薬として処方されていますが、ED治療薬を服用する場合には注意が必要とされていて、カルナクリンの作用によって急激に血圧が下がるので医師の指示にしたがって服用する必要があります。カルナクリンは強い作用がないのですが、ED治療薬と同時に服用すると相乗効果によって低血圧の状態になるので、意識障害などを起こす可能性があります。医療機関でED治療薬の処方を受ける場合には必ずカルナクリンの服用について医師に申告しなければなりません。不老長寿は中国の秦の始皇帝の時代からの人類共通の目的となっていて、医薬品なども基本的には不老長寿を目的として開発されていますが、実際には人間の細胞は時間とともに劣化するので、老化を完全に止めることは難しいとされていますが、積極的に野菜などの抗酸化作用を持つ食べ物を摂取することで、血管や皮膚の老化を抑制することができるので、不老長寿に近い状態にすることができます。しかし人間の遺伝子には寿命が組み込まれているので、100年以上経過すると自然に細胞が死滅し始めるのでほとんどの人が100歳前後で死に至るのが一般的になっています。現在では遺伝子解析などの技術が進んでいて、長寿の人の遺伝子を利用することで、不老長寿に近い遺伝子を作り出す研究がされていますが、ガンや生活習慣病、動脈硬化、脳の老化などを完全に防ぐ薬などは開発されていないので、運動や食生活で健康を保つことで将来的な健康リスクを回避するのが一番重要であるとされています。